708発目 そっちじゃない話。

昼下がりの横浜駅西口はいつもと変わらぬ喧噪で人の多さもさることながら騒音もそれなりだった。 高島屋とジョイナスの間を抜けてくる通路の端っこに年配の男性が2人立っていた。 背の低いおじさんがもう一人の白髪のおじさんに何やら 続きを読む 708発目 そっちじゃない話。

707発目 オサーンが作る流行の話。

流行って誰が作ってるんだ? ふと、そんな疑問が頭を よぎった。 キャンプの帰り、日帰り温泉の散髪屋でのことだ。 我が家はキャンプの帰りに必ず温泉に立ち寄る。前日の汚れを落としたり疲れた体を癒すのが主な目的だが、そこに散髪 続きを読む 707発目 オサーンが作る流行の話。

706発目 首から上の話。

平日の休み 休日出勤をすると、月内もしくは直近の平日で 振替休日を取得することを 義務付けられる。 これも働き方改革か? ついこの前までは 「管理職には代休はありません」 などと平気でほざいていたくせに 「休むのも仕事の 続きを読む 706発目 首から上の話。

705発目 手を使う話。

運行前点検とは車に乗る前に落ち度がないかどうかを点検し、安全に路上を運行できるための事前準備のことだ。 もし、誰かのせいにしていいと言うならそうしたいくらいだ。だが、こうなったのには自分に非がある。 自問自答 ドアを開け 続きを読む 705発目 手を使う話。

704発目 宛名に問題があった話。

気がつかないうちに犯してしまった小さなミスに後になって気がついて死ぬほど後悔する そんなことってあるよなぁ。 トウ君って男はそんなミスをする男だった。 悲しいことに同性の私から見ても彼は決してハンサムではなかった。 加え 続きを読む 704発目 宛名に問題があった話。

703発目 訳せない話。

日本語の美しさは英語圏の人々にも称賛されるらしい。 英語に訳せない美しい表現に感心した欧米人がこぞって日本語を習得したがって日本語学校に殺到している らしい。 たとえばこの時期だと桜の花がそうだ。 満開の桜の花が風に揺れ 続きを読む 703発目 訳せない話。

702発目 「へんこ」を垂れる話。

私が生まれて育った街では 「へんこを垂れる」というのは 「文句を言う」という意味だ。 東京や神奈川では「クレーマー」と 呼ばれる人種も、福岡だと 「へんこたれ」 と呼ばれる。 読みやすくするため 「へンコタレ」 とカタカ 続きを読む 702発目 「へんこ」を垂れる話。

701発目 ちょうどの②の話。

言葉の意味をじっくりと考えたことがあるだろうか? 私は、ある。 と、言うより、常に考えている。 はたして我々日本人は その言葉の本当の意味を理解して 使っているのだろうか? とりあえず、みんなが使ってるから 俺も言ってみ 続きを読む 701発目 ちょうどの②の話。

祝!700発目 とても短い話。

若手の頃、仕事を依頼された際の 注意事項として、必ずやるべき 3つのことを教えてもらった。 私は若手に仕事を与える際に 必ずその3点に注意するように している。 1つ目は「期日」だ。 その仕事をいつまでにやるのか? つま 続きを読む 祝!700発目 とても短い話。