756発目 ノリツッコミも交えながら全力でツッコム話。


1コ下の後輩との会話。

 

言葉の使い方を間違ってる。
もう俺たちも50を過ぎたんだから
言葉遣いには気を付けたほうがいい。

 

『え?なんか間違っとった?』

 

お前はちょいちょい
言葉の使い方や意味を
間違う。

 

『例えば?』

 

例えば
ほら、あのゲーム。
ゲームのことを
俺に話してくれたろ?

 

『え~っと、どのゲーム?』

 

三国志の何かやなかったっけ?

 

『おお、三国志大戦やろ?』

 

そうそれ。
ほらみろ
お前の説明が悪いから
俺の記憶に
残ってないやろ?

 

『いや、それは
サトルちゃんの記憶力が悪いだけで
俺の説明が・・・』

 

お前の説明が悪い。
もう一回、説明してみろ。

 

『いやぁ、あのゲームは
マジで最高なんよ。』

 

何が良いんやったっけ?

 

『まあ、とにかく
すごいんよ。』

 

何が?映像がか?
それともストーリーか?

 

『ま、どっちもやね。
特に戦闘シーン』

 

戦闘シーンって、お前。
三国志が題材なら
全編通してひっきりなしに
戦闘シーンやろうも。

 

『まあ、そうなんやけどさ。
他の戦闘ゲームと比べても
戦闘シーンがリアルなんよ。』

 

ほらそこや。

 

『どこ?』

 

リアル?

戦闘シーンが?

お前、リアルって
どういう意味で
使いよる?

 

『いや、本物そっくり
ってゆうか、ほぼ
本物?』

 

戦闘シーンがか?

 

『うん、そう。』

 

見たことあるんか?
戦闘シーンを。

『いや、見たことは
ないけど・・・』

 

ほんなら、なんで
戦闘シーンが
リアルってわかるんか?

『いや、パッケージにも
そう書いてあっ・・・』

 

この世の中に、この時代に
三国志の戦闘シーンを
見たことあるやつは
一人もおらんのぞ。
もちろん動画でも残されてない。
あれはすべて空想の話やんか。

どこがリアルじゃ!

 

『まあ、それは確かに
使い方が間違ってるかも
知れんけどさぁ、
雰囲気で分かるやん?
本物っぽいって』

 

お前は間違ってることにすら
気付かずに生きている。
それを注意しよるんや。

 

『なんで さあ
サトルちゃんは、そうやって
いつも上から視線なん?』

 

目線や!目線!

上から視線やない!

何や、上から視線て

2階から見られてる
気がするなぁ、じゃないわ!

上から目線や!

 

『もう細かいねえ
年上みたいやねぇ。』

 

年上や!
1コ上や!

 

コトバヅカイニハキヲツケヨウ

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*