89発目 卒業式の話


舞台IMG_1606

もう今年で高校を卒業して23年が経つ。
あの3年間の8倍もの時間をすごしたとは
到底思えない。
それくらい、内容の濃い3年間だった。

そもそも、卒業式とは
教育課程を全て修了したことを認定し、
そのお祝いをする式典のことで、
式典で『卒業証書』を授与することから
『卒業証書授与式』と呼ばれ
それを略して『卒業式』となった。

『卒』という字には、終わる、や、終える
と言う意味があり、『業』には
過去に行為した、成したことの結果という意味
がある。

そう考えると、アイドル歌手がグループから
脱退して独り立ちすることを
『~~ちゃん、卒業!』とすることに
違和感をおぼえてならない。

それは、君、グループ活動から
ソロ活動への転職じゃないか?
もしくは転勤だよ。

しかも、その似非卒業式に
縁もゆかりも無い人たちが、何万人と
押しかけること自体がすでに
ショーじゃないか。

本来卒業式はお世話になった方々に
涙を流しながら感謝し、
仲間達と肩を組んで、
『卒業しても友達だぞ』
といったり、
恨みのある先生の自家用車を
4人くらいでせえのって言って
ひっくり返したりする儀式じゃないか。

私の卒業式の思い出は
帰り道で、こっそり第2ボタンを
ちぎって捨てたことくらいだな。

フルイナ

合掌

“89発目 卒業式の話” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*