69発目 方言の話。


舞台IMG_1606
大学を卒業後、関東で働いていた。
地元の両親は息子が東京へ行ったと
近所の人に話していたが、
私が住んでいたのは、埼玉県だった。
田舎とはそうゆうものだ。

私の田舎の北九州市は、
九州の中でも博多弁っぽくない地域だ。
九州といえば金八先生みたいな
話し方をするもんだとイメージされている人が
多いが、私の生まれた地域は違う。

単語の意味自体が違うのだが
一度、困ったことがあったのは
『元にあった場所に戻す』のことを
『なおす』というのだが、これが通じなかった。
関東では『しまう』というらしい。
逆に我々は『しまう』というのは、
『おわる』という意味で使う。

単語が違うだけでなく、気性が荒く感じるらしい。
修学旅行で原宿に行った高校生が
喧嘩をしていると勘違いされて警察を
呼ばれたという逸話があるくらいだ。

大人はおろか、子供も言葉遣いが悪い。
おそらく大人のせいだろうが、小学生の
声変わりが済んでいない子供たちの
ガラの悪さはかえって笑えるものだ。

私の実家は小学校の通学路にあるのだが
毎年、冬になると半袖半ズボンで登校する
子供がいる。らしい。
私の母親が、毎朝見ていてどうしても
気になったので話しかけたらしい
『あんた、そんな格好で寒くないんね?』

その小学生は一言、こう答えた。

『さみぃに 決まっとろうが』

ボンジュール、ハンズボン ナガズボーン

合掌

“69発目 方言の話。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*