57発目 失礼な話


舞台IMG_1606
2012.06.14

もう20年近く前のこと、西武新宿線の
所沢駅前での出来事だ。

同期入社したキンちゃんという男と二人で車に乗って
誰かを待っていたんだと思う。
口論というほどでもないが、絶対の自信を持って
言ったことが覆されて、グゥの音も出なかった。

車の中で彼が運転席、私は助手席にいた。
前方に随分アンバランスな体型をした女性が
人待ち風にたたずんでいた。
目の錯覚かと思うくらいのアンバランス加減だったので
隣のキンちゃんに、ほら、あそこ見てと
教えてあげた。彼もすでに気づいていたみたいで
『うん。気になってた』と答えた。

何が?体の大きさと顔のサイズが同一人物とは
思えないほどのギャップがあるのだ。

私は、きっと体が小さくて顔が大きく見えてるんだ
と主張した。
でも、キンちゃんは、違う、アレは顔がでかいんだ!
と、譲らない。
我々から彼女までの距離は100メートルくらいだったから
なんだか遠近感もおかしくなってきた。

私は『体が小さい』、キンちゃんは『顔がでかい』、で
双方譲らなかったため、とうとう痺れを切らした
キンちゃんが、近くで見てくると言った。

車を降り、彼女に近づきながらほんの数メートル
行ったところでキンちゃんは引き返してきた。
窓を開け、おい、どうした、と問うと
にっこり笑って『俺の勝ちだ』と勝利宣言をした。

理由を聞きたい。

『Tシャツのエリがベロンベロンだ。顔がでかいから
着るときに伸びたんだ』とのこと。

負けた。

ヒマジンタチ

合掌

“57発目 失礼な話” への1件の返信

  1. 博多駅でもちと面白い感じの人を見ると

    ぅわ~(笑)とか思い見ちゃうけど

    私も、ぅわ~(笑)とか思われてるかもだな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*