742発目 36年の時を越えてきた話。


世の中がギスギスしてきてるのか?

日本人のストレスが

溜まりすぎているのか?

それは政治のせいなのか?

それとも時代のせいなのか?

最近やたらと
何に対しても
クレームをつけてくる
輩が増えている。

店側も対応に苦慮しており、
非の打ちどころなんて
ないにもかかわらず
深々と頭を下げ
謝罪する始末だ。

いいか?
あんたが今つけた
そのクレームは
もはやクレームではなく
ただの難癖だぜ。

言動には十分
気を付けろよ
って話を
したいと思う。

 

夏の服装

 

コロナウイルスの影響で
自宅待機を余儀なくされて
一体、今が春なのか
梅雨なのか、もしくは
もう夏になったのか?
判然としないまま
時だけが無情に流れている。

7月も終わりに差し掛かるころ
お天気ニュースでは
福岡の梅雨明けを宣言した。

 

ようやく遅い夏が
福岡にやってきた。

遅れを取り戻すように
朝一から夜まで
目一杯暑さを
ふりまいている。

 

まるでデビューしたての
アイドル歌手が
愛想を振りまくかのようだ。

 

普段仕事の時は
我慢して長ズボンを
履いているが
休みの日ぐらいは
半ズボンで過ごしたい。

そう思った私は
次の休日で半ズボンを
買いに行くことにした。

 

店員の対応
からのクレーム

 

店内はコロナの影響も
あるのか、客はまばらだ。

心なしか店員たちも
暇を持て余しているようだ。

半ズボンを手に取った
私を見つけるなり
店員がすっ飛んできた。

 

『そちらのショーツは
カラバリも揃えてます。
アンクル丈もありますよ』

 

言ってることの
大半は理解できなかったが
なるほど、同じデザインで
長ズボンも売っている。

てゆうか
半ズボンって
ショーツって言うの?
ショーツって
おパンティのことだと
思ってたよ。

 

『そちらはセールの
対象商品となってます。』

 

値札を見ると
値段のところに
赤線が引いてあって
3,800円が2,800円に
値下がりしていた。

 

悪くない値段だ。

 

長ズボンの方を
手に取ると店員が
すかさず

『すみません。
そちらはセールの対象外
なんですよ』

と私よりも
残念な態度で
教えてくれた。

値札を見ると確かに
9,800円となっている。

私は無意識のうちに
その好感が持てるはずの
店員にクレームをつけていた。

長々と、だ。

 

『おかしくないか?

同じデザインなのに?

半ズボンか長ズボンかで
こんなに値段が違うんか?

ココとココだけで
7,000円もするんか?

長ズボンだけセールの
対象から外すのは
おかしいだろ!』

私は半ズボンの方が
欲しいくせに
長ズボンが欲しい人の
テイでクレームを
つけている。

 

店員は涼しい顔で

こう答えた。

 

『人気のある商品は
値下げの対象から
外されるんです。
申し訳ございません。』

 

ん?

 

人気のある商品は?

 

は?

 

値下げしない?

 

え?

 

じゃなにか?

 

俺が、この俺が

気に入って
買おうとしている
この半ズボンは
人気がないとでも?

 

ふと、古い友達のことを
思い出した。

 

サネアツという奴だ。

 

高校1年の時、
あの時も確か
夏だったと思う。

お気に入りの女の子と
小倉祇園祭に
行くのにおめかしようと
二人で街のお店に
ジーンズを買いに行ったんだ。

サネアツはお世辞にも
脚が長いとは言えない
体形をしていた。
すごく控えめに言って
短足だ。

 

だが、ウエストなんかは
しっかりとしていて
高身長の私と変わらないくらいの
ウエスト回りだった。

 

結果的に私とサネアツは
同じサイズのジーンズを
購入した。
もちろん値段も同じだ。

唯一の違いは
彼は目一杯の
裾上げを実施したことだった。

レジで支払いをするときに
彼だけ裾上げの分の
追加料金を支払わされ
挙句、出来上がったジーンズと
切り取られた布地をみて

『この部分だけで
半ズボンが作れる。』

とクレームをつけていた。

 

 

もしかして
時代を超えて
あの時サネアツが
買ったジーンズの
裾上げしたときに
切り取った部分の布で
作られた半ズボンなのか?

だから安いのか?

私は納得がいかない顔を
しながら半ズボンを
購入した。

本来の目的を
達成しただけなのに。

 

店員の対応に
感心しながら
私はイオンを後にする。

 

結局、この話で
何が言いたかったかと
いうと、

お前が本当に
クレームを言えるくらいの
上等な客かどうか
考えてみろ
ってことね。

 

私はここに
二度とお店で
無理難題を言わないことを
誓います。

 

サネアツゲンキカナ

 

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*