福岡で飯を食う 001発目


コロナの影響

博多駅近くが職場の人たちにとって
今回のコロナ禍の影響は
計り知れないものがあった。

 

なにしろ、近くの飲食店が
軒並み閉店しているので
お昼ご飯が食べられないのだ。

 

これは私たちサラリーマンに
とって、最も悩ましい問題と
言える。

 

何しろ、仕事における
一日の最大の楽しみは
『ランチ』だからだ。

 

5月末ごろの我々は
ランチ難民と呼ばれていた。

 

6月に現れた救世主

 

そんなランチ難民の
我々の前に現れた救世主が
本日紹介するこちらのお店だ。

 

営業再開は6月1日から。

場所はココ

ま、一応ね。
軽くボケね。

では改めまして
もう少し詳細を。

 

 

円座・長屋

 

今日、ご紹介する博多ランチは
『円座・長屋』

 

博多駅筑紫口を出てすぐに右を向くと
ロータリーに沿ってそびえたつ
ホテルクリオコートの2階にある。

このホテルは1階と地下が
パチンコ屋で、地下鉄のコンコースとも
直結してて、さらに
郵便ポストもすぐ近くにある
という好立地だ。

まあ、ポストはなくてもいいか。

で、近くまで行くと
こんな看板が出てるから
親切だよな。

この週の週替わりランチは
”うなぎ御膳”だったよ。

 

ちなみに週替わりも日替わりも
値段は同じ800円!

 

お財布に優しいねぇ。

 

しかも週替わりの場合は
軽いデザートみたいな小鉢が
つくので、日替わりよりも
お得感があるね。

 

で、看板のわきの自動ドアを
抜けて中に入ると階段が
見えてくるから
そこを上がって2階に向かってくれ。

ちょうど、どこかのオサーンが
上がっていくところだ。

 

階段を上がると2階のワンフロア
すべてがこの円座・長屋だ。

 

入り口のわきには
今日の日替わりと週替わりの
サンプルが置いてるから
それを見てから決めてもいいぜ。

ちょうど今、オサーンたちが
物色してるね。

さあ、店員のおばちゃんが
座席に案内してくれるよ。

手前にはカウンターがあるんだけど
このカウンターはちょっと
変わってるんだ。

ほら。この写真だと普通の
カウンターだろ?
でもね、内側は

こんな風に掘りごたつっぽく
なっていて、夜になると
ここで向かい合って
お酒を飲むことだって
出来るんだ。

昼間はさ、見ての通り
向かい合って座ると
窓から差し込む日差しが
まぶしすぎて食欲が
なくなるからやめといた方が
いいよ。

 

それから
ちょっとお得情報だけど
LINE友達を登録しておけば
食後のコーヒー代が
1だけ無料になるからね。

で、私が本日注文したのは

これだ。

じゃじゃ~ん。

油林鶏とエビチリ定食!

 

美味しかったよ~。

 

この店の最大の特徴

 

というわけで、
今日は博多駅近くの
円座・長屋を紹介したのだけれど
この店の最大の特徴を
お伝えしてなかったよ。

 

なんと

 

この店、

 

女性の店員さんが
たくさんいるんだけど
(ほとんどがおばちゃん)

おそらく、

多分だよ、

多分ね
北半球で一番、愛想の良い
店員たちなんだよ。

 

LINEの登録の仕方は
丁寧に教えてくれるし、
お店が禁煙でごめんねぇ
って謝ってくるし
しかもお店から一番近い
喫煙所はあそこだよ、って
教えてくれるし、
勢いで昭和35年生まれだって
ことまで教えてくれる。

人懐っこい。

 

悪く言えば馴れ馴れしい。

距離が近い。

年増。

 

でもさ、それが
いいところでも
あるんだよなぁ。

博多に出張、
博多に転勤、
旅行で博多に来た、
博多でヒトリボッチ、
博多でオサーン、
博多で痛風

 

そんな人たちにぜひ
行ってほしいお店。

 

円座・長屋でした。

 

食べログのヤツも
貼っとくか。

http://enzanagaya.com/

 

ゴチソウサマデシタ
合掌

“福岡で飯を食う 001発目” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*