だったら作ればいいシリーズ第1弾『木工で門扉』取り付け編そして完成。


ライナーノーツ

そもそも、何故門扉を作ろうって

なったのかを思い出してほしい。

 

そう。

 

奥様からの指令だからだ。

 

『庭に犬を放したら

ててて~って逃げて行くかも

知れんやろ?だけんさ、

そこんトコに柵を作ってよ。

開け閉め出来るヤツ。』

 

『門扉の事ね?』

 

『す~ぐそうやって

専門用語を使いたがるね。

それたい。

なんかなし、それを

作っとって。

明日まで』

 

 

で、準備編でお伝えした通り

後は、現場への取り付け

って段階まで進んでいた。

ところが、天気予報を確認すると

今夜から雨。しかも暴風雨。

 

奥様から与えられた期日は

明日まで。

 

ってことは、今日中に仕上げないと

ダメだってことか。

しょうがない。

門扉を組み立てよう。

二本の枠に、薄い板をビスで

留めて行くよ。

等間隔にするためには、

板と板の間にこんな風に

何かを挟むと良いよ。

そして、ビスで留めるだけじゃなくて

木工ボンドを塗っておくことを

おススメするね。

木と木の間に雨水が入るのを

防いでくれるし、何より

ビスだけよりもガッチリと

ひっつくからね。

木工ボンド

俺のオススメはこれ。

ま、木工ボンドなら何でも

いいんだけどね。

 

あとさ、注意する点が

一つあるよ。

それはね、ビスを留めるときの

電動ドリルの使い方だよ。

 

電動ドリルは圧力の調整が

出来るようになってるんだ。

だから、インパクトの瞬間に

指定した圧力に達すると

空回りするように

出来てるんだよねぇ。

すごいねぇ。偉いねぇ。

設定をミスるとこんな風に

ネジが埋まり過ぎるんだよね。

だから、ドリルのココを

調整するのをお忘れなく。

三角のしるしのところに

上の目盛りを合わせるだけ。

木材にビスだと、大体7~8

くらいが丁度よいよ。

ま、それは機種によって違うから

説明書を読んでね。

 

さ、組みあがったよ。

 

こいつを蝶番で門柱に取り付けて

完成っと。

 

『お~い奥様~。』

 

『なんね?』

 

『門扉出来たよ!』

 

『そんなことより

私のマイティアCL知らん?』

 

 

え?

 

そんなことより?

 

『いや、門扉出来たよ』

 

『さっきから探しよんやけど

ないっちゃんねぇ』

 

え?

 

 

ええ?

 

マイティアCL?

 

 

 

いやいや広告貼り付けてる

場合じゃないやろ?

 

あんなに急がせたくせに~~

 

マイティアCLって~

 

『目薬』

でいいや~ん!

 

追伸;

その日の晩の暴風雨で

門扉は見事に倒れてました。

ボキっだって。

 

ワラウシカナイ

合掌

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*