71発目 うどんの話。


舞台IMG_1606

以前いた会社の上司が、香川県出身だった。
香川県と言えば、讃岐うどんが有名だ。
本場の讃岐うどんは食べたことは無いが
かなり美味いとのこと。

その上司は事あるごとに
『関東のうどんは食えんわい』
とおっしゃっていた。

東京の小金井街道を車で走っている時に
雰囲気の良い、うどん屋を見つけたので
その上司を誘って行ってみた。

ほう、ここはええのう、と
わしのカンはあたるんじゃ、と
店構えを褒めていた。
よう、見つけてきたわい、とも
おっしゃってた。

店に入り、すうどんを注文する。
うどんが出てくるまでの間に
うどうの講釈をたっぷり聞かされた。

うどんはのう、のどで食うんじゃ
噛んだらあかんぞ。
香川県民はうどんは噛まんのじゃ。

程なく、熱々のうどんが出てきた。
私は上司の教えのとおり
噛まずに食べる努力を試みた。

隣で、上司が、
さんざん講釈をたれたその上司が、
ビックリするほどむせ返っていた。

大丈夫ですか?

ネギが、ネギが~。

どうやら麺は噛まずに大丈夫だったが
ネギは無理だったらしい。

店を出て、負け惜しみのように

『いまいちじゃったわい』って!

マケズギライ

≪尚、文中の方言は記憶を頼りに
書きましたので、正しいかどうかは
不明です。≫

合掌

“71発目 うどんの話。” への3件の返信

  1. フッ(笑)

    ネギが鼻の穴とか気管に…辛そう。

    確かに東京のうどんはたべる気がしない

  2. ピンバック: 514発目 人生を語る話。 | LINER NOTES

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*