誰でも良かった


IMG_4393.JPG

五十嵐貴久著作の作品は
これで二作目だが、本屋に行くと
割とたくさんの作品を世に放ってる。

内容も意外と面白いのに
イマイチ評価されてないイメージだ。

今作は猟奇殺人をテーマに
警察の『メンツを大事にする捜査方針』と
犯罪に走る『孤独な引きこもり』の
両方に対して批判的な仕上がりになっている。

事件は世間から無視されている男が
有名になって世間を驚かす、という
発想で無差別殺人をやり始める。

やがて喫茶店に籠城し人質をとる。

数時間の攻防の末、犯人は逃走用の

車を用意するように警察に要求。

やがて迎えるであろう事件の結末。

誰もが犯人に聞きたかった。
『なぜ、こんな事をやったのか?』

ところが思いもよらないラストを
迎えてしまう。

さあ、秋の夜長に退屈してるyou達、

この本を読んじゃいなよ!

読んでみたい方はコチラ↓

“>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*