祝! 300発目 近づきたい話。


300

君に近づきたい、

もっとそばに行きたい

 

君はずっとそこで

ボクを待ってくれている。

 

段取りも順序も

周りの忠告も

すべて無視して

ボクは君の近くへ

最短距離で

行こうとするんだ

 

でも

 

君の近くには

ボクとの間には

 

深い深い溝がある

 

君は決してボクを

拒んじゃいない

 

けど君に

君に届かない

 

あと少しなのに

 

そこに君はいるのに

 

ボクは君に届かない

 

こんなに君を

君だけを

欲しているのに

 

近づきたい

 

近づけない

 

 

 

 

『ヤマシタさ~ん。クリークで~す。

ワンペナで手前からお願いしま~す。』

 

くっ。

なんでグリーン手前に

クリーク(小川)があるんだよ!!!!

 

ケッキョクダボ

 

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*