209発目 指摘しなくて良かった話。


ライナーノーツ
飛行機で隣に乗り合わせた
カップルがひそひそと
声を潜めて話している。

聞くとは無しに聞いていたら、
というか聞こえてきたのだが。

どうやら佐藤浩市の父親が
だれだっけ?という話だった。

『竜雷太だっけ?』

私は最初のうちは放っておいたが
だんだんとイライラしてきた。
が、見知らぬおじさんが
いきなり話しかけては
気まずいだろうと配慮し、
ここは私が我慢するしかないな
と覚悟を決めたときだった。

前に座るおばさんが
ガバっと身を乗り出して
こちらを振り返り

『佐藤政雄よ』

と言い放った。

カップルは
『あれ~、そうなんだ。
ありがとうございます。』

などとほざいている。

私の我慢の限界も
ここまでだった。

私は隣に座るカップルの
彼氏のほうのわき腹をつつき
こちらを向かせた。

『おい、三國連太郎ぞ』

とこっそり教える。

するとその彼氏が小さな声で

『知ってます。
でも彼女と、この話をするのが
実は6回目で6回とも
佐藤政雄で落ちついたので
今回もこれでいいと思ってます。
彼女、天然なんです。』

と言うではないか。

『大変だな』

私は彼をねぎらった。

カップルがうまく行くための
条件の一つとは
くだらない言い争いを避け
こだわりを捨て、じっと
我慢することなんだな。

と、この若いカップルに
教えられた気がした。

自宅に帰って調べてみると
三國連太郎の本名が
佐藤政雄だった。

あのおばちゃん。

ヤルナ

合掌

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*