長靴の話。


キャンプに行く際に、持っておきたいグッズの一つに『長靴』がある。

今回私が紹介するのは、優れた長靴の一つだ。

IMG_3224

この長靴の優れているところは、とにかく軽い。ゴムが薄くやわらかいので、ロング丈でもショート丈でも履けるのでお洒落女子にも良いだろう。冬場に履こうと思ったら中にフリースの靴下を履けばばっちりだ。そのためにはワンサイズ上を選ぶようにメーカーも推奨している。

 

ロゴマークの『B』は Bird の『B』だ。

この長靴を販売しているW.B.S.Jという団体は実は意外な団体だ。

Wild Bird Society of Japan の略なのだが、これを日本語にすると

日本野鳥の会

なのだ。

つまり野鳥を数えに行く人たちが愛用する長靴ということらしい。

もしかしたら紅白歌合戦でも履いてるかも?

IMG_3221

私が購入したLLサイズは分かりやすく言うと28センチくらいのサイズの靴と同じだ。写真のカラーは『めじろ』というカラーで、他にもブラウンやカモフラージュ柄、ネイビーなど全部で7色ほどのラインナップがある。

上の写真は私が履いたところを分かりやすく隣に息子を座らせてみた。彼の足のサイズは18センチだ。

ちなみに娘が履くとブッカブカになる。

 

この長靴のもう一つの魅力を説明しておこう。

IMG_3220

この収納力だ。隣に置いたコロコロコミックと比べても分かる通り、かなりコンパクトにまとまってくれる。例えば旅先の天気予報が雨だったとしよう。その場合、『まあ、傘は現地で買えばいいか。』と考える人もいるだろうが『現地で長靴を買おう』という人は少ない。 その場合、これを旅行バッグにポイっと入れていけば便利だ。さほどジャマにもならない。

もう一つ魅力がある。

 

IMG_3222

かかとについた黒い突起に注目してくれ。 これは履いたままどちらかの足でこの突起を踏むと手を使わずに脱げるのだ。 両手がふさがってるときにとても便利だぞ。

 

足がスラリと細い奥様も安心して履けるために靴の入り口のところは紐できゅっと縛れるようになっている。

IMG_3225

しかもその紐の部分の留め具を気分によって変えられるように最初からこのようにオプションが内包されているのだ。

これを見た諸君はきっと今からの梅雨に備えて買おうとするだろう。

今はネットショッピングという便利な技があるからな。 ちなみにどのサイトで見ても値段は同じだった。 欲しがる人のために Amazon の サイトを貼り付けておくから見てくれ。

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*