祝!50発目 他愛も無い話。


舞台IMG_1606
2012.06.02

『春風を以って人に接し
秋霜に以って自ら粛む』
これは佐藤一斎の言志四録にある言葉だ。

他人に対しては暖かい春の風のように接し、
自分に対しては秋の霜のように厳しくつつしめ、
ということらしい。

なるほど大変立派なお言葉だ。
これを実行に移すのは大変だ。

なにしろ私は自分に優しい人間で、なおかつ
他人に厳しい人間だからだ

例えば、こうゆうことがあった。

『君は口が悪いねぇ、親の顔が見たいよ』

と言われ、私はこう返す

『親のことはいくら悪く言ってもいいけれど、
私を侮辱したことはあやまれ!』

逆!逆!

ナルシスト

合掌

“祝!50発目 他愛も無い話。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*