31発目 尊敬する上司の話。


舞台IMG_1606
2012.04.30

いつからか駄洒落のことをオヤジギャグというようになった。
誰が言いだしたのか、どうも侮蔑のにおいがする。

単に、韻を踏んでいるだけなのでラップミュージックと
何が違うのかと思う。同じじゃないか。

若い奴らとのギャップを感じてしまう私は
まだまだ修行が足りない。

私の尊敬する上司は、全てにおいて余裕がある。
若い奴らも年寄りもギャップなんてない。
あるのは本人のコレだ。そう言って
ぽんぽんと左腕をたたく。
つまり実力が大事だということか。

その上司はダジャレなんか日常茶飯事で
下手すると、韻を踏んですらいない洒落を言う。

例えばティーショットでOBを出すとプレイング4といって
前に行って4打目を打つというルールがある。
そこでOBを出すと必ず『前からキヨシ』という。

極めつけはコレだ。

『山下、無理するなよ。なすがままぞ』

なすがまま、良い言葉だ。だがこう続く。

『なすがママ、きゅうりがパパや』

これこそがライムだ。

チェケラ

合掌

“31発目 尊敬する上司の話。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*