266発目 計算ミスの話。


電卓

ある経営セミナーに参加した。

 

とても退屈なセミナーだった。

 

2時間の講義の内容は

ほとんどがその講師の

自慢話とも言えるような

話だった。

 

シンと静まり返った教室では

声を出す事すら憚られる雰囲気だ。

 

突っ込みどころは満載だった。

でも、声が出せないので

突っ込めないストレスで

私の心は次第にすさんでいった。

 

ある生徒が質問をした。

『理想的な従業員の数って

あるのでしょうか?

あるとすれば何人でしょうか?』

 

講師はもう何度もその質問に答えてきたんだよ、と前置きし、こう答えた。

 

『理想は20人ですよ。

それ以上でもそれ以下でも

好ましくない。

社長の方針が末端まで伝わるのは20人がちょうど良いでしょう。』

 

ホントかよ。

 

『まあ、どうせ何人いても

仕事が出来るのはそのうちの

5%くらいですがね。はは

は。』

 

20人×5%=1人

 

じゃ、何か?お前以外は

全員カスか?

 

勢いでしゃべってるので

きっと計算ミスをしたのだろう。

 

『本を読むとスキルが上がります。

本を読む時間を作るべきです。』

 

まあ、それはそう思うよ。

そこは同感だよ。

 

『私は月に200冊買います。

まあ、本業を10年前にやめたので

毎日暇をもてあましてるから

出来るんですがね。

私の自宅には5000冊も

ありますよ。』

 

月に200冊?ホントかよ?

 

5000冊÷200冊/月=25ヶ月

25ヶ月÷12ヶ月=約2年

 

じゃ、何か?

リタイヤして10年もあったのに月に200冊も読んで5000冊しかないってことはここ2年ちょっとの実績じゃねぇか。

 

勢いでしゃべってるので

きっと計算ミスをしたのだろう。

 

 

ミスガオオイ

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*