259発目 海外旅行の話。


ウォシュレット

北九州市が世界に誇る企業。

 

といえば、新日鉄と東陶機器。

TOTOの名前で知らない人は

いないだろうというくらいの

大企業だ。

 

ウォシュレットというのは

TOTOの登録商標で

不動産の賃貸をする場合は

TOTO製品以外のものは

『洗浄機付き便座』や

『多機能便座』と表現しないと

しかるべき公的機関に怒られる。

 

ウォシュレットと言えばTOTO。

 

私は今ではウォシュレットなしの

トイレは使用しない。

拭いた気がしないんだ。

 

だから、海外旅行をすると

困る。特に給排水のインフラが

整っていない東南アジアに

行くと非常に困る。

 

インドネシア領の南東に

バリ島という島がある。

有名だからご存知の方も多いだろう。

 

2003年に旅行でバリを訪れた。

 

リゾートの名にふさわしいほど

日本では味わえない非日常を

存分に味わった。

 

発展途上国というと聞こえが

悪いが、それでもホテルのトイレは

掃除が行き届いており

快適だった。

舐められるくらい綺麗だ。

もちろん、舐めたりはしない。

 

そしてその綺麗なトイレには

当然のようにウォシュレットが

完備されている。

 

ああ、こんな島にもTOTO製品が!

と感動したことを今でも覚えている。

 

マリンスポーツやラフティング、

ケチャダンスを観覧などなど

バリを満喫し、最終日の昼間、

日本で待つ友人や会社の同僚に

お土産を買おうと町のショッピングセンターに

向かった。

 

なるべく地元の人たちが

日常生活で利用するような

スーパーに行き、現地ならではの

お菓子やインスタントラーメンを

購入しようと思ったからだ。

 

お目当てのスーパーは

すぐに見つかった。

 

周囲を見回しても日本人は

一人もいない。

これは穴場だなと

一人ほくそ笑んだ。

 

一通り買い物を済ませ

一息つこうと、店舗の隅にある

カフェスペースへ移動し、

バリの特産品の一つである

KOPIというコーヒーを

注文する。

 

このコーヒーは粉をお湯に溶かして

飲むのだが水道水を沸かした

お湯だとおなかを壊す。

それくらい水道のインフラが

整っていない。

 

このカフェはどうやらミネラルウォーター

で沸かしているようだ。

 

粉が沈殿するので上澄みを

ゆっくりといただく。

それがバリコーヒーの飲み方だ。

 

ゆったりとした午後の日差しを

浴びながらバリコーヒーをいただく。

気の利いたことにクッキーまで

ついてきた。

至福のひと時だ。

 

突然、雷雨のような音が

鳴り響く。

東南アジアによくあるスコールか?

否!

私の下腹部だ。

 

原因はわからないが突然

腹痛に襲われた。

 

たどたどしい英語で

トイレの位置を確認し

個室へと駆け込む。

 

ギリギリセーフ。

 

用を足し、さあスイッチをと

見回すが、スイッチの類はない。

そりゃそうだよな。

さすがのTOTOもこんな田舎の

スーパーにまでウォシュレットは

販売してないか。

 

ふと、足元を見ると

壁からつながっているホースが

垂れている。

ホースの先には庭の水まきを

するようなガンが付いている。

 

もしかしてこれでお尻を洗うのか?

そういえばティッシュもない。

恐らく清掃用のホースを

係員が出しっぱなしに

していたのだろう。

 

自分のバッグを探すが

そもそも私はティッシュを持ち歩くような

タイプの青年ではない。

 

仕方ない。

 

このホースで洗うか。

 

その後はどうやって拭こうか?

 

いや、濡れてもいいや。

汚れたままよりはましだよ。

 

気は進まないがホースを

手に取る。

 

ふと、そのガンの横の部分を見たら

黒いマジックでこう書いてあった。

 

『TOTO』

 

あっ、これでいいのね。

 

ホントノ ハナシダヨ

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*