ニセコでスキー


IMG_0097
札幌からニセコへ向かう道は

4月5日だというのに雪がどっさり

積もっていた。

カーナビは到着までの所要時間を

2時間10分と示していた。

私の住む札幌市西区からだと

二通りのルートがある。

ひとつは中央区、南区を通り抜け

定山渓温泉街を越え中山峠から

向かうルート。

もうひとつは高速道路を使い

小樽のひとつ手前の朝里まで

行き、峠道を南下するルート。

今回我々は朝里からの南下ルートを

選んだ。

ニセコを選んだのには理由がある。

4月になったのに尚、キッズ向けの

スキースクールがあるからだ。

先週行ったトマムとの比較も出来る。

自宅を9時ごろ出発し、現地に到着したのは

11時30分ごろだった。

このゲレンデはヒラフスキー場という名前だ。

IMG_0128
IMG_0124
IMG_0100

到着時に澄み渡っていた青空も

昼を迎える頃には雪雲で覆われた。

スキー道具をレンタルする。

今回は子供の分だけだ。

13時15分からの2時間コースを

選択した。

IMG_0107

まずは準備体操だ。怪我をしないように

これはしっかりやっておく必要がある。

準備が終わるとマイクロバスが迎えに

来て、ジュニア用のコースへと移動する。

IMG_0117
IMG_0123
IMG_0114

トマムとは違い、ここではただひたすら

何度も何度も滑ることを繰り返す。

参加者が少なかったため今回は

マンツーマンだったが、普段なら

一クラス3名くらいの少人数というのも

安心の材料だろう。

正直な感想としてはトマムの方が

子供の扱いに慣れている先生が

多い気がした。

子供に聞いてみると

『たくさん滑れたからこっちの方が

楽しかった』

とのことだ。

我々はそのあと予約していた

ヒルトンへと移動し久々の

ホテル宿泊に胸を躍らせた。

IMG_0143

温泉は内湯がひとつと露天がひとつ。

サウナはなし。なので物足りない。

食事は洋食バイキングを予約したが

大人一人4,000円と高額だ。

味は抜群なので宿泊予約するときは

食事付きにしないとびっくりするぞ。

IMG_0146

ヒルトンの部屋からの景色も

一面が雪でまるで外国に来たみたいだ。

?今回はヒルトンオーナーズポイントで

宿泊したため食事なしだったが

朝食バイキングも3,800円と高額だったので

外に食べに行くことにした。

ニセコ周辺と倶知安駅近くは

レストランやカフェ、ベーカリーショップなど

お店がたくさんあるのでトマムよりは

楽しめるぞ。

今回はココ。ヒラフのグランビュンデン

サンドイッチ2

サンドイッチが有名みたいなので

早速頼んでみる。

サンドイッチ

非常においしかった。

トーストのモーニングセットもあるし

なによりコーヒーがうまい!!!

グランビュンデン

店内には雑貨も置いてあり

若い女性には人気があるだろうな。

私はまったく興味ないが。

ということでトータルの結論。

お店がたくさんありスキー場も3つあるし

ヒルトンに泊まれるので

ニセコの勝ち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*