203発目 ちょっと短い話


ライナーノーツ
大学生の頃、アルバイト先の先輩で

シュッとした男前の人がいた。

バイトの女の子たちも全員が

あの先輩かっこいい

と言っていた。

お店に来る女性のお客さんも

その先輩を見ると

ちょっとポワンってなるくらいだ。

先輩はその店の正社員で

結婚もしていた。

僕らはバイトが終わった後

その先輩によく飲みに

連れて行ってもらってた。

色々な相談にも乗ってくれて

頼りがいのある先輩だ。

仕事もできて男前、頼りがいが

ある非の打ちどころがないと

思われた。

あるとき、男ばかりで

飲みに行ったとき、誰かが

『先輩、浮気したことあります?』

と聞いた。

それだけ男前なら結婚してても

もてるでしょ?と。

『どっからが浮気なんか?』

先輩は浮気の定義を聞いてきた。

やっぱり、キスしたら浮気ですかね?

いや、二人きりになったら浮気ですよ。

手つないだら浮気でしょう。

意見は様々だった。

先輩は落ち着いた声で、

『じゃあ、セックスしたら?』

これは満場一致で

『浮気でしょう。』

となった。

それは逃れようがありません。と。

すると先輩は

『じゃあ、ある』

と答えた。

浮気の定義を聞く必要は

なかったんじゃないですか?

補足:

毎週、してたらしい。

ウワキモン

合掌

 

“203発目 ちょっと短い話” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*