マスカレード・イブ


IMG_1883.JPG

東野圭吾の作品に出てくる
若い刑事は大抵が男前で
頭が良く、育ちが良い。

今作は前作のマスカレード・ホテル
より前の話である。

前作、今作ともに主人公の
新田刑事は、癪に触るくらい
カッコ良い。

父親はアメリカで弁護士を
しており、本人も帰国子女。

警察の昇進試験も一発でパスし、
難事件も独特の観察眼と推理で
解決していく。

それは例えばガリレオシリーズの
湯川教授や、先日ドラマ化された
『新参者』の加賀恭一郎のように
読者が思わずウットリするような
キャラクター設定になっている。

事件はある大学の研究室で起きた
殺人事件から始まる。

動機もあるしアリバイもあるのに
誰といたかを話したがらない容疑者。

彼は誰をかばっているのか?

真犯人は誰なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*