304発目 ニックネームの話。


ありよし

私はこれまでニックネームを

付けられたことがない。

 

『ヤマシタ』か『サトル』と

呼ばれていた。

 

大人になってからは『山P』と

呼ばれることがしばしばある。

このニックネームは気に入っている。

だって、あのジャニーズの男前の

山下君と同じだもんな。

彼のファンからは怒られそうだが。

 

ところでこのニックネームという

言葉には由来がある。

 

もともと『付け加えられた名前』の意味の

『ekename』という単語があった。

『an ekename』と表記していたが

どこかで『a nekename』となった。

つまり 『 n 』 が右にずれたんだな。

やがてこれが『nickname』と変化した。

 

時の経過とともに名前が

変化することは、ままある。

 

例えば豆腐と納豆だ。

あれはそもそも逆だったらしい。

箱に納めて作るから納豆なのに

現在では豆腐と呼ぶ。

また、豆が腐るから豆腐なのに

現在ではこれを納豆と呼ぶ。

 

これを発明した人が

弟子に伝えるときに

まちがって逆で教えたから

こうなったらしい。

 

 

子供の頃、お母さんに読んで

もらった絵本で『ひとまねこざる』

というのがあった。

現在ではアニメ化され

『おさるのジョージ』と改題されている。

これも時の変遷とともに

名前が変わった一例だ。

 

この作品に出てくるキャラクターに

ジョージというサルを飼っている人がいる。

作中では彼のことを黄色い帽子の

おじさんと名づけている。

 

『黄色い帽子のおじさん』だ。

 

間違わないで欲しい。

黄色いのは『帽子』だ。

 

ところがこの写真を見て欲しい。

黄色い帽子のおじさん

彼が黄色いのは帽子だけじゃなく

ほぼ全身だ。

 

なぜ彼のニックネームは

『黄色いおじさん』じゃなく

『黄色い「帽子」のおじさん』

になったのだろう。

 

ニックネームの不思議の一つだ。

 

先日、息子にお父さんの

ニックネームは?

と尋ねられたので

冒頭の通りこう言った。

『山Pだよ。』と。

 

夜になって息子のノートを

覗いてみたらこう書いてあった。

 

『やまぴい』

 

う~ん。

 

ナンカチガウ

 

合掌

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*