120発目 クレーム処理の話。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
読む前に上のボタンをポチンと押してね

舞台IMG_1606





私のような仕事だと、縁がない人には
想像がつかないくらいのクレームを
処理することが多々ある。

完全な言いがかりの場合もあれば
こちらのミスで、全面降伏するケースもある。

とある取引先から担当の対応のまずさを
指摘された。
早速、担当直属の上司と私とで
先方にあやまりに行く。
行く途中で、担当上司が
『支店長、菓子折りでも持っていくか?』と
提案してきたので、それはいいですねと
同意した。

先方のオフィスの近くにケーキ屋が
あったからそこに寄ろうということになり
担当上司の運転でケーキ屋へ向かう。

あったあった、ここだ。

普段ケーキ屋に行くことなんて
めったにないオッサンが二人。
スーツに身を包み、ショーケースを
眺めている光景は、異様に見えたことだろう。

担当上司はショーケースの
こちら側から指をさしながら
『これとこれ。あっ、違う違うこっちのヤツ』
と注文している。がうまく行かない。

店員さんが、
『名前を言ってください』と
その上司に向かってやさしく言う。

担当上司は前傾姿勢から
むくっと起き上がり
『シバタです。』と言った。

店中の人々が、客も店員も
まるで吉本新喜劇のように
ずっこけた。

サスガ

※注 文中に出てくる人物は架空の人物です。

合掌



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
くりんくりんしてみてん


小倉のマツエクサロンミック【Mic】
小倉のマツエクサロンミック【Mic】

“120発目 クレーム処理の話。” への3件の返信

  1. ピンバック: 155発目 ささやかな話。 | ライナーノーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*