昭和ノスタルジー②



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
読む前に上のボタンをポチンと押してね

研究所





ヤマシタ研究所、通称ヤマシタラボが

お送りする昭和ノスタルジーシリーズ。

 

今回は第2弾ということでテーマはこれ。

 

『少女漫画』です。

 

はじめに:

少女漫画という言葉の定義は

”主に女性作家による漫画で

ストーリーのほとんどが

恋愛であること。

また舞台は高校生活であること”

である。

 

傾向:主人公が少女の場合。

そこそこ可愛いのに自分で

その可愛さに気づいてなく

もててることに気が付いてない。

また性格は9割以上の確率で

『おっちょこちょい』 である。

 

傾向:主人公が少年の場合

やんちゃでいつまでも

少年のようであることは

必須条件。

そしてこれも絶対条件だが

親友に、無口で頭脳明晰な

背が高い男と、いつも

何かを食べている太った男が

いる。

 

ツボ:

ある少女がごく普通のきっかけで

ある少年の事が気になるところから

物語は始まる。

物語の大半はその二人の紆余曲折

で構成される。

主なパターンとして、主人公の

女の子を好きな男の子がいて

その子は積極的に好きだ好きだと

言い寄ってくる。

主人公の女の子は別の男が

好きなんだけど、その相手は

そっけない。

で、最終的になんかの部活の

県大会決勝で勝ったら告白

みたいな流れになり、決勝前日に

好きな子がこの女の子をかばって

大けがをするけど、決勝戦は

頑張って出て、優勝する。

『お前のおかげかもな』

で、ハッピーエンド。

 

基本構成:

女の子チーム

①おっちょこちょい。

②金持ちですました娘。

③奥手で引っ込み思案なブス。

④メガネをかけた生徒会長。

 

男の子チーム

①運動神経のいいバカ。

②頭と育ちがいい鼻につく少年。

③10代とは思えない落ち着きのある

ライバル高校のキャプテン。

④孤独な不良。

 

総評:

女性作家目線のストーリー展開が

主なため『絶対ねぇよそんな展開』

というストーリー展開で話は勝手に進む。

10代の読者のほとんどが本当に

知りたいのは付き合ってからの

展開なのに、そこを描いた作品はない。

 

昭和の時代を風靡した少女漫画の

2代巨頭である『りぼん』と『なかよし』

は少年にとっての『ジャンプ』や

『マガジン』と同じ位置づけだ。

 

インターネットの普及で雑誌が

売れない時代になったと聞きますが

このヤマシタラボがきっかけで

少しでも雑誌が売れてくれることを

心より祈念します。

 

 

コイガシタイ

合掌



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
くりんくりんしてみてん


小倉のマツエクサロンミック【Mic】
小倉のマツエクサロンミック【Mic】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*