祈りの幕が下りる時



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
読む前に上のボタンをポチンと押してね

祈りの幕が下りるとき





『極限まで
追い詰められた時
人は何を思うのか。
夢見た舞台を
実現させた女性演出家。
彼女を訪ねた幼馴染が
数日後遺体となって
発見された。
数々の人生が
絡み合う謎に、
捜査は、
混迷を極めるが———-』

仙台で飲み屋を経営する女性
宮本康代はある女性を雇ってくれと
知り合いの旅館の女将から
頼まれる。

東野圭吾の新作、加賀恭一郎シリーズ

加賀恭一郎は2作前の『新参者』で
日本橋署に赴任する。
なぜ、この場所に異動を希望したのかが
今作で明らかになる。

宮本康代は女性と会い、自分の店で
ホステスとして雇うことを決断する。

女性は自分のことを話そうとしない。
何か暗い過去があることは分かったが
あえて詮索はしなかった。
やがて店に通う男性と良い仲になる。

女性の名は百合子という。

百合子は瞬く間に店ナンバーワンに
なるが、やがて体調を崩し
一人、アパートの自室で亡くなる。

康代は百合子の身内に連絡を取ろうとし
かつて聞かされていた一人息子を
探そうとする。
店で良い仲になった男性が
息子の居場所を見つけてきて
それを康代に告げる。

息子の名は加賀恭一郎。

話は東京に移る。

とあるアパートで女性の死体が
みつかる。女性は身元が分かるものを
所持しておらず、首に絞められた跡が
あるため、警視庁捜査一課が
殺人事件として捜査を始める。

また、アパートの契約者は男性名義で
この男性の身元はおろか行方まで
分からない。

謎だらけの事件はやがて
ある人物が浮上したことで
進展を遂げる。

元女優で演出家の浅居博美は
長年の夢だった明治座での公演を
控えていた。
彼女には秘密にしている過去があり
その過去の受難を反動に
ここまでの成功を手にしてきた。

別件でホームレスの死体が
河川敷で見つかったことと
今回の事件を結びつける刑事は
いなかったが、ただ一人、宮本だけは
違っていた。
二つの事件との関連を疑う宮本は
そのことをいとこである加賀恭一郎に
相談する。
遺体が残した唯一の遺留品から
謎のメモ紙が出てきており
そこに書かれた内容を聞いた
加賀恭一郎はあることを思いつく。

父親と娘、母親と息子。

錯綜する捜査の過程で
明らかになってくる親子の絆。

二組の親子の複雑に絡み合った
関係が明らかになったとき
きっと読者は親子の絆について
考え直すだろう。

子供の幸せが親の幸せ。

容疑者の残した手紙が
すべてを明らかにしたとき
きっと涙が出てくることを
約束しよう。

素晴らしい作品をありがとう。

読んでみたい方は最上部の
画像かもしくは下の青字の
タイトルをクリック!

?『祈りの幕が下りるとき』
東野圭吾著
講談社



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
くりんくりんしてみてん


小倉のマツエクサロンミック【Mic】
小倉のマツエクサロンミック【Mic】

“祈りの幕が下りる時” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*